So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

【受け止める力】(『シティライフ』平成29年9月9日号掲載)

 ネガティブ・ケイパビリティ(N・C)とは「出来ない状況を受け止める能力」のことだそうです。
 何でも出来るときには、また出来そうだと思っているときはN・Cが未熟です。でも、大丈夫。あなたにも必ずこの力を磨くチャンスが訪れます。それが老いであり、病であり、死なのです。
 老病死に限らず、私が直面する問題は簡単には答えが出ないことばかりです。結果、自らでは解決出来ず、そして消えもしない重い問題を抱えて生きていくことになります。正にN・Cが問われ続けるのが人の一生だと言えるでしょう。
  仏は私自身の問題を全て明かし、その上で私がこの命終えるまで、いえ終えて後まで私を支え続け離れないとお誓い下さいます。その誓いこそが私のN・Cとなるのです。
 私は全く無力であり、だからこそ仏のすくいを受け取れる…そこに私の生きていける道が開かれます。すくいを頂かなくとも仏はまします…見捨てることのないお方です。

共通テーマ:日記・雑感

【喜びあふれる寺って…】(弘教寺だより 平成29年9月号掲載)

 西原祐治氏の御法話(趣意)より…。
 「一番弱い『死につつある子』が周囲を変えていく…弱さが人々に思考を、恵みを与えていく。弱さををありのままに認めていくことを大切にしたい。そこから自分を支えてくれている存在や、既に恵まれている事実が見えてくる。しかし、人は自分の弱さを直視することが苦手である。弱い自分をさらけ出すためには弱い自分を肯定してくれる場、肯定される考え方が必要なのだろう…」
 皆それぞれが悩みや苦しみを抱えて生きています。でも、それらが表面化することは滅多にありません。「弱い自分は見せたくない。笑われたくない。同情されたくない。強くありたい。強くなれるはずだ。今の『こんな自分』は本当の自分ではない」そういった思いを捨てられないのです。だから今の弘教寺は『笑顔で溢れて』います。お寺が自分の本当の気持ちを明かせる場所ではないからでしょう。
 お辛い方にこそ御足お運び頂きたいのです。ご無理ならばお呼び立て下さい。お寺は、いえ弘教寺はずっと弱さを肯定する場であり続けたいと思います。さらけ出し、泣きはらした後の笑顔こそが最も輝きます。

共通テーマ:日記・雑感

【近未来】(『シティライフ』平成29年8月12日号掲載)

 …何かとてもハイテクな格好良い言葉に聞こえますが、実際はそうでもないようです。ほぼ現実問題として挙げられているのは「高齢者の医療費増大」「認知症患者増加」「水道管などのインフラ劣化」「空き家の急増」「税率の急上昇」…などです。
 結局は少子高齢化社会ではどうあっても避けられない社会問題といえます。でもこうした問題に「私達はその頃この世にいないから…(関係無い)」と笑ってすませてしまうお方もいらっしゃいます。
 未来は今の延長です。だから未来に対して、現在の私達は皆大きな責任を負っているのです。
  仏さんが何とかしてくれる?…そんなわけありません。でもだから皆で知恵を絞って、何とか解決方法を探るか、負担を受け入れていくしかないように思うのです。
 仏教は目覚めの教えです。私に真実を伝え、気付かせる教えです。少なくとも逃げない・目をそらさない姿勢こそが仏教の説くところです。

共通テーマ:日記・雑感

【輪廻はあるか】(弘教寺だより 平成29年8月号掲載)

 死んだらどうなるの…仏になる。信じられないな。体が消えて無くなるんでしょ。いや、幽霊? でも輪廻(りんね)とかはあるかも。
 「輪廻ってあるんでしょうか」と聞かれたことがあります。私には分かりません。
 だから あると思うなら、そう思って命終わっていくのもアリです。「今度はもっと素敵な人生を生きよう」「もっとスゴイ人間に生まれてやるゾ」と思って…。ただ輪廻思想では自分の次の生が人間とは決まっていません。ハエや蚊かも知れないのです。そして人間に生まれられたとしても、今以上に幸福な暮らしが送れるという保証はどこにもありません。
 そんな私達に阿弥陀様は仏の命をお約束下さいました。仏に生まれるって輪廻とどこが違うの? 仏とは我のすくわれた姿(さとれし姿)です。そして阿弥陀様はおっしゃいます…『我に任せよ。必ず救う』と。我に任せよとは「自分に任せるな」の意です。輪廻も幽霊も結局は我が思いです。仏も私の思いでしょ?
「任せたまんまがおすくい」が浄土真宗。「仏に生まれさせるとおっしゃる、その仰せにお任せ致します」…これがおすくいに出遇った心(信心)です。死を乗り越えていける道です。

共通テーマ:日記・雑感

【結論】(『シティライフ』平成29年7月8日号掲載)

 法話会にて「法話に結論はないんですか」というお声を聞きました。結論は「お念仏申しましょう」ということだけです。
 求める結論とは何でしょう。「神仏にこう頼めばこうなるから大丈夫」ということでしょうか。
 もし宗教によって自分の願いを叶えられたなら…嬉しい。でも、引き換えに『巨大な見えない力』を当てにして生きる、いえその力に従順に生きることを強制されます。とても恐ろしいことです。
  「念仏申す」とは巨大な力を当てにすることではなく、自分が当てにならないと気付いた姿です。老病死丸抱えのこの私は何ともならない。しかし、何とかなると思い込んでいる私には「この身の不都合な真実」に気付くことは出来ません。これでは苦悩が深まるばかりです。
 その事実に気付かせ、受け入れさせるはたらきを仏と申します。念仏申すとは仏を仰ぐことで我への執着を離れる行為です。無条件にすくわれるほか我の生く道無しと頂くことです。

共通テーマ:日記・雑感

【泣いて下さるお方】(弘教寺だより 平成29年7月号掲載)

 「自分が死んだときに本気で泣いてくれる人はいるだろうか?」と心配になることはありませんか。「そんな人いないよ」とおっしゃるかもしれませんね。ならばハッキリと申させて頂きます。「それでよく生きていられますね」と。毒気強過ぎかも知れませんが…。
 「いない」って誰が決めたのですか? 御自分ですよね。「自分で、自分が死んだときに悲しむ人はいないと決め付ける」…こんな寂しいことはありません。正に生きながら死んでいる人生ですよね。
「生きている人生」を送りましょうよ。その為には「あの人が死んだら大泣きしそうだ。いや、病気になっただけで自分が変になってしまう」というお方と出遇うべきです。そのお方は夫婦、親子とは限りませんね。そんな人との出遇いが大切で、又そんな人間関係を築く不断の努力が欠かせません。
 「世界中の誰も泣いて下さらなくても阿弥陀様は私の為に泣いて下さる」のは本当ですが、その真意は「阿弥陀様は私が人生の本当の味方に出遇えるまで私を諦めない、見捨てない」ということです。私の寂しさを真正面から受け止め、生きる力を与えて下さいます。

共通テーマ:日記・雑感

【「余生」って…】(『シティライフ』平成29年6月10日号掲載)

 88才の芸術家・草間彌生さんが、残された人生は平和を訴える作品作りに遣いたいとおっしゃっておられました。
「もうこの歳になりましたので」…とおっしゃる方がみえます。だから難しいこと大変なことには関わらず、静かに過ごそうとする…「さとったような」感じですか。いいえ、「さとり」と「さとった風の面倒くさがり」は全くの別物です。
 私達は生きている間にさとることは出来ないのです。ならば、精一杯「あがき」ましょうよ。やりたいこと、出来そうなことに挑戦しましょうよ。 それは煩悩ゆえかも知れません。でもそのことで人様のお役に立てる、喜んで頂けるなら本当に嬉しいと思うのです。さとれない身だからこそ煩悩を離れず、でもその煩悩ありてこそ私に出来ることがあります。
 出来ることは、今やるしかありません。いのちの問題は阿弥陀様にお任せして、我が身は安心して精一杯活動して(生きて)いきましょうよ。

共通テーマ:日記・雑感

【ウワサ話】(弘教寺だより 平成29年6月号掲載)

 私達(『達』とさせて下さい)の好きなものは『ウワサ話と人の悪口』でしょう。『そんなものは下らん。私は噂とか悪口とかが大嫌いだ』とおっしゃるお方も、他人が自分のことをどう語っているかは気になるんじゃありませんか…それはやっぱり「好き」な証拠なんですよ。
 噂や悪口は、当人のいないところで話されます。だからこそ真偽ははっきりしないままで、話す側の主観的、一方的なものです。
 一番の問題点は、「噂や悪口には自分が入っていない。自分は問題にならない」ことです。世の中で一番大切なのは自分でしょう。その自分のことを語らずして、考えずして、他人の話に花を咲かせて一体どんな意味があるでしょう。私の生きられる時間は限られています。噂・悪口からは全く何も生み出されません。単に無駄な時間でしかありません。
親鸞聖人は「悪性さらにやめがたし こころは蛇蝎(へび・さそり)のごとくなり」と御自身を深く見つめおっしゃいます。この「他人の噂好きで、自分の噂は大嫌い」の、自己中心のこの私こそが阿弥陀様のおすくいの目当てなのです。私をすくうと誓われて仏となられた阿弥陀様の尊いお約束が今私に有効なのです。

共通テーマ:日記・雑感

【仏に照らされる】(『シティライフ』平成29年5月13日号掲載)

 ご先祖や想い出尽きぬ故人様は大切でも、仏様とか言われるとピンとこない…ですか?
 中でも浄土真宗の仏様=阿弥陀仏は私達の願いを叶えては下さらない仏様です。そんな仏は無意味、そんな仏は要らない…そうお感じになるかも知れません。
 仏教は宗教です。宗教は私が生きるための教えです。仏とは、自分の願いを押し付け、私の言うことを聞かせる道具ではありません。
 私には仏が見えません…でもそれ以上に見えていないのは我が姿です。
仏は私を照らします。そして私自身を明らかにして下さいます。照らし出された素の自分に向き合うことはとても辛い…でも、それ以外に自分の本当の姿、歩むべき道を知る方法はありません。自分から逃げずに、為すべきことは為す。ある意味「当たり前の人生」の後押しをして下さるのが仏様です。仏の慈光の中こそは、自分が素直になり、自分の人生を見つめ直せる場所なのです。

共通テーマ:日記・雑感

【往生したけりゃ…】(弘教寺だより 平成29年5月号掲載)

 『大往生したけりゃ 医療とかかわるな』(医師/中村仁一氏著)という本が出版されました。中身が過激です。「世間での様々な取り組みは結局『弱っても死ねない身体作り』をしているだけ。そして誰もが「ピンピンコロリ」を願うが、それは1等7億円のジャンボ宝くじに当たるより難しい」「ぼけの完全な予防法は『ぼける前に死ぬこと』」「長寿地獄…『長生きはつらい』と知っていますか」「高度な医療は重度の障害者をつくる」…もう、誰もが聞きたくないことのオンパレードです。
筆者の結論は御本を御読み頂くとして、ならば浄土真宗の御教えを頂く私達はどう生くべきか…答えは一つです。「念仏申して仏と生まれさせて頂く人生を歩むこと」です。
 拍子抜けですか。そのお気持ちの裏側にはそんなことでは情けない。念仏などに頼らず、自分で今後の人生をしっかり生きていかなくてはならない…という決意が見えます。自分の身は自分で何とかすべきもの、いえ、何とかなるものという思いが見えます。
 この身は自分の思いで何とかなるものではないことを教えるのが仏様…だから『往生したけりゃ 仏法にこそかかわれ』が正解です。

共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -