So-net無料ブログ作成

【私の感覚の不確かさ】(弘教寺だより 平成29年3月号掲載)

 娘が、かつて私が申した「お化けなんか怖くないよ。本当に怖いのは生きている人間の方だよ」という言葉にいたく感じ入ったそうで、それ以来お化けは怖くないのだと言います。
 しかし、今もお化けや幽霊といった存在に恐怖心をお持ちのお方は少なくないと思います。死んだ後の世界は分かりません。『幽霊って本当にいるかも…』と思えばそれは怖いでしょう。でも同じように『幽霊って本当はあり得ないかも…』と考えれば、あれ、不思議?怖くない! そんな感覚ありませんか。人間の思い、感情なんてそんなもの、そんな程度のものなのです。
 浄土の世界、仏のいのちも私が「わかった」と言うべき性質の存在ではありません。それらはお釈迦様のお悟りの内容が人間の言語によって伝えられたものであり、「色も形もなく想像することすら出来ず、まして言葉で言い表すことなど出来ない」仏様を、何とか私に伝えようとして下された釈尊の御心を頂くことが大切です。分からなくて良い、信じなくて良い、ただなぜそのような仏様の世界が説かれたのかに思いを致して下さい。
 今現に苦しみの中生きてる私の為? その通りです…。

共通テーマ:日記・雑感