So-net無料ブログ作成
検索選択

【ウワサ話】(弘教寺だより 平成29年6月号掲載)

 私達(『達』とさせて下さい)の好きなものは『ウワサ話と人の悪口』でしょう。『そんなものは下らん。私は噂とか悪口とかが大嫌いだ』とおっしゃるお方も、他人が自分のことをどう語っているかは気になるんじゃありませんか…それはやっぱり「好き」な証拠なんですよ。
 噂や悪口は、当人のいないところで話されます。だからこそ真偽ははっきりしないままで、話す側の主観的、一方的なものです。
 一番の問題点は、「噂や悪口には自分が入っていない。自分は問題にならない」ことです。世の中で一番大切なのは自分でしょう。その自分のことを語らずして、考えずして、他人の話に花を咲かせて一体どんな意味があるでしょう。私の生きられる時間は限られています。噂・悪口からは全く何も生み出されません。単に無駄な時間でしかありません。
親鸞聖人は「悪性さらにやめがたし こころは蛇蝎(へび・さそり)のごとくなり」と御自身を深く見つめおっしゃいます。この「他人の噂好きで、自分の噂は大嫌い」の、自己中心のこの私こそが阿弥陀様のおすくいの目当てなのです。私をすくうと誓われて仏となられた阿弥陀様の尊いお約束が今私に有効なのです。

共通テーマ:日記・雑感