So-net無料ブログ作成

【結論】(『シティライフ』平成29年7月8日号掲載)

 法話会にて「法話に結論はないんですか」というお声を聞きました。結論は「お念仏申しましょう」ということだけです。
 求める結論とは何でしょう。「神仏にこう頼めばこうなるから大丈夫」ということでしょうか。
 もし宗教によって自分の願いを叶えられたなら…嬉しい。でも、引き換えに『巨大な見えない力』を当てにして生きる、いえその力に従順に生きることを強制されます。とても恐ろしいことです。
  「念仏申す」とは巨大な力を当てにすることではなく、自分が当てにならないと気付いた姿です。老病死丸抱えのこの私は何ともならない。しかし、何とかなると思い込んでいる私には「この身の不都合な真実」に気付くことは出来ません。これでは苦悩が深まるばかりです。
 その事実に気付かせ、受け入れさせるはたらきを仏と申します。念仏申すとは仏を仰ぐことで我への執着を離れる行為です。無条件にすくわれるほか我の生く道無しと頂くことです。

共通テーマ:日記・雑感