So-net無料ブログ作成

【唯一の仏様】(弘教寺だより 平成29年10月号掲載)

 「仕事のできない夫を支える出来た妻」…TVドラマの話です。フレーズにハッとしました…夫の名字が同姓・小林だったから?…いいえ。
 かつて、あまたの仏様が私達に仏と生まれる道(修行法)をお説き下さいました。この修行により必ず無上のさとりをひらくことができるぞと…。でも、仏様方はあまりに勝れたお方々だったのです。だから「待てよ、もしかしたら修行の出来ない者がいるかも知れない…、いやそもそも修行など全く興味のない者もいるかも知れない」…そう気付かれた仏様は唯一、阿弥陀仏だけだったのです。
 阿弥陀様は仏様のお一方です。でも仏様の中では「出来ないヤツ」の気持ちがわかる唯一無二の仏様なのでした。
  社会では、仕事のできない人間は要らないよと言われます。人間関係が上手く結べないと「面倒くさいヤツ」と判断されます。でもそんなあなたを私は見捨てられないよとおっしゃる仏様が阿弥陀仏なのです。私から離れない、離れられない御仏です。ドラマでは『可哀そうで可愛い私の夫』なのだそうですが、阿弥陀様から見れば、「夫」は「一人子」となります。私のことです、そしてあなたのことです。