So-net無料ブログ作成

第92回 【先祖供養】

 先日、ご門徒からご両親のご遺骨についての相談がありました。ご夫妻にはお子さんがみえない為、将来、先祖・両親のご遺骨が「無縁」になることを心配されているのでした。自分達の遺骨はどうなってもいいが、親のことが…とおっしゃるのです。将来を考えれば今あるお墓も撤去すべきなのか…等、心配が尽きないとのお話しでした。
 結局、私はご両親方のご遺骨のことを心配されることはありませんよと申し上げました。
 永代での先祖供養の手続きをしておく、いや今はそのままでその時になったら考える。どちらでも結構です。ご先祖は自分のお墓にお参りされなくなることではなく、自分達のお墓のことで子孫が悩んでおられるお姿を悲しまれるのです。どうぞ悩まないで下さい…こうでなきゃいけないなんてことないのです。縁有って結ばれたこの命は、どうあっても無縁になることなどありません。縁起こそが仏法の真髄です。

共通テーマ:日記・雑感