So-net無料ブログ作成
検索選択

第99回 【剪定】

 寺の小さな庭に杉が植えてあります。「台杉」というそうで、職人さんにお願いするのは恥ずかしい程の庭ですので、素人の私が適当に手入れをしてみました。以前、自己流剪定で随分葉を枯らしてしまったことがあるので慎重にやってみましたが、どこを刈れば良いのかは手探りの状態です。とりあえず、日の当たりにくいであろう枝の下側の葉を刈ってみました。すると当然水平か上向きの枝葉が残り、随分勢いのある元気な樹形になりました。我ながらその結果には満足をしています。
 でもこれはあくまで植木の手入れの話です。下向きの「枝」は要らない、上向きの「枝」だけ残す。そのことで「樹形」が良くなる。「枝」を人間に、「樹形」を社会に読み替えると本当に恐ろしいことが起きてしまいます。
 現代社会は混沌として先が見えません。そんな不安な時代だからこそ、確かな御教えのもと、皆で力を合わせて歩んでいかなくてはと思うのです。

共通テーマ:日記・雑感