So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【聞くべきは…】(弘教寺だより 平成30年2月号掲載)

 『でもね、努力してても、努力の方向性が違ったらダメ。成功しないの(笑)。同じところを回っているだけ。結局、あなたは何がしたいのか、人生をかけて何がしたいのかが決まらない限り、ビジネスはうまくいかないと気付いた』…とはあのユニクロ・柳井正社長の言葉です。
 仏教がそうだと思いました。私は人生賭けて何がしたいのか? 釈尊も親鸞聖人もそれを悩み苦しみの解決だとおっしゃったお方です。仏教とは正に「悩み苦しみ一切からの解放、即ちさとりを求める」教えなのです。
 ですから、「すくい」や「さとり」を求める気持ちが無く、まあ現状でいいやと思っていらっしゃったら、仏教も寺も全くつまらない、要らないものです。
でも今一度自分というものをしっかり見つめたならば、このままで大丈夫だろうかと思います。老・病・死は待ったなし、どうしても避けることは出来ません。今のところ悩みや苦しみはそれ程でもない…しかしそれは現実・将来から逃げている姿勢としか思えません。
 寺では自分の聞きたい話は聞けませんが、聞いておかなくてはならない話が聞けます。
 生きる為に必要な仏教のお話が聞けます。