So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【死滅無いいのち】(『シティライフ』平成30年2月10日号掲載)

 2月15日は『涅槃会』。釈尊が入滅(逝去)された日です。そのお釈迦様が私達に仏のいのちをお説き下さいました。
「私が死んだら消えて無くなるだけ」とつぶやくお方も、親しい方の死に際し、もう消えた人、後は何も無いとはお考えにならないようです。
 私が仏と生まれさせて頂くのは何故か。我が死の後、遺された者に悲しみや苦悩を与える存在にならぬようにです。また遺された者が自分の苦しい時だけ呼び戻して、願いを叶えてもらおうとする『都合の良い存在』にならぬようにです。
 死んで消えて無くなるのではなく、悲しい、または都合良き存在となるのではなく、おさとりをひらいて、永遠の仏と生まれさせて頂くのです。
 生きとし生くる者、遺されし者を慈しみ愛おしみ、支え続ける仏という存在になる。それが死ということだよ…そんなお釈迦様の教えを頂けたとき、私に安心して死んでいける道が開かれます。死の意味が見出せます。

共通テーマ:日記・雑感