So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【私の願い 仏の願い】(『シティライフ』平成30年3月10日号掲載)

 「私」はこの命をしっかり生きて、人に迷惑掛けず、苦しまずに死にたいと思っています。そうなればよいのですが、将来は全く分かりません。
ただ生きていれば老いていくことは確実です。嫌だなあ…老いは避けたい、でも避けられない。ならば、そこに意味を見出したいと思います。
 老いとは…若く健康であったときには全く気にしていなかった自分の身体の事実に気付くということです。若くて健康な自分が老い衰えていく…それは良し悪しでなく「自己都合を超えた事実」です。病もそうです。病んで初めて「生身の自分の存在」に思いが至り、人生と真剣に向き合う機会が与えられます。
 若く健康な自分とは単に人生の一時期に過ぎません。老いて病んで初めて弱き自分、即ち本当の自分を知らされます。
 そこに仏の願い(慈悲心)との出遇いが恵まれます。仏は私をさとらしめ、苦悩から解放したいのです。それを仏心、また「親心」と申します。

共通テーマ:日記・雑感