So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【仏に任せる】(『シティライフ』平成30年7月14日号掲載)

 奥歯の被せ物が取れてしまい、歯科に掛かりました。内部には虫歯が進行していて、思いがけず治療が必要とのことです。今回は大したことは無かったのですが、これがもし…。でも、大事であろうと無かろうと歯科医にお任せは一緒です。大体、自分の歯でありながらその状態をよく知らない上に、自分では全く何とも出来ないのです。
 実は仏教も同じです。自分のことは自分で出来る、やるべきだと思っているけれど、自分の体調が悪化したときどうするか。その時は医師に任せよう…でも医師にもう治療法は無いと宣告されたら…その後は誰を、何を頼みとすべきでしょう。
 私が何ともならない時それでも任せよが仏様です。どうにもならぬと認め、仏を依り処として病は治らぬままにお任せしたところを仏法では「間に合った」と申します。お任せとは、出来ないことを出来ぬと気付き、今出来る範囲で自分のいのち精一杯を生き抜くこと。これ即ち仏道です。

共通テーマ:日記・雑感