So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

【思考の偏り】(『シティライフ』平成30年8月11日号掲載)

 人は物事を客観的に見ていると思っていますが、実は様々な偏った見方をしているものです。例えば「あの人は雨男だ」「だから止めとけと言ったのに」「ここまで津波は来ないだろう」「行列の出来る店はやっぱり美味しいな」「このやり方であってるはずだ」等です。これを認知バイアスと言い、生きる上で少ない情報を基に素早い判断をするために必要なことなのだそうです。
 普段にそんな自分の思考の偏りに気付くことはありません。そして偏った判断が自分にマイナスをもたらしている可能性は容易に想像出来ます。
 この思考も我が本能です。そんな私に仏は告げられます…「何ともならないな」と。でもそんな御諭しを受け止めようともしない私です。
 私は自分が正しいと思う考え方を変えられない、それ故につらい思いをする。だから私の苦悩を一緒に背負うことを選択されたのが仏様です。仏の大慈悲心が今、私に届いて下さっています。