So-net無料ブログ作成

【仏を信じる】(弘教寺だより 平成31年1月号掲載)

 お金は信じます。仏様は信じられません?
 ネコはお金の価値が分かりません。一万円札より「チャオちゅ~る」(ネコのおやつ)に飛びつきます。人はお金の価値が分かりますから、紙幣を選びます。賢いからです。
 お金とは信用です。紙幣の価値を皆が信用することで流通しています。信用が無くなったら大変なことになりますが「あり得ない」わけではありません。ジンバブエ国で超インフレとなり、100兆ジンバブエドル紙幣(!)が日本円に換算すると0.3円位になったのは数年前です。信じていたお金に裏切られたのです。ネコはお金を信用しません。だからお金には目もくれず、目の前のエサを食べます。
 仏様を信じない私であっても、仏様は信じないままの私を「必ずすくうから任せよ。決して裏切らない」とおっしゃいます。…え、うそでしょ! それこそ信じられないよ…。
 仏教は「今」の「私」がしっかりと生きる為の教えです。「猫に小判」と笑う私を、仏様は「人に小判」と見られているのかも知れません。信ずるとは何か、何を依り処として生きるか…人生の大問題です。今年こそ仏教を聞いて下さいませ。人生の解がそこにあります。

共通テーマ:日記・雑感